具体的な方法をご紹介

コンテンツマネジメントシステムを活用して、ウェブサイトを多言語対応のものとする場合、完全ローカライズサイトを制作するのも選択肢の一つです。こちらは、それぞれの言語にマッチしたコンテンツを想定し、言語・国ごとにローカライズしたサイトを制作するという方法になります。この方法では、日本語のサイトとは全く別のサイトを、最初から制作するというイメージで作業を進めることとなります。

先ほど登場した「ローカライズ」という言葉は、ある国を対象として作られた製品を、他の国でも使用することができるよう、他国の言語に対応させることを意味します。ローカライズは、ソフトウェアの表示内容を翻訳すること、特に、英語版のソフトを日本語化することを意味しますが、単なる言語の翻訳のみならず、言語の特性に見合った機能の追加が行なわれる場合もあります。

また、cmsを活用した多言語対応サイトの制作にあたっては、統一化されたミラーページを作成するという選択肢も存在します。こちらの方法では、日本語のコンテンツを、全て英語などの多言語に翻訳することとなります。具体的には、cmsのカスタマイズによって日本語版のページと対になるミラーページを用意します。