他に関連する情報

この先、cmsを利用してウェブサイトの多言語化を行なうにあたっては、その方法にも気を配ることが大事になります。例えば、現在のサイトのダイジェスト版となる多言語対応サイトを制作するという方法もあります。こちらの方法では、会社概要や主だったサービス、問い合わせ先など、必要最小限度のコンテンツを選び出して翻訳し、サイト制作を行なうこととなります。

次に、cmsの活用によってサイトを多言語対応させる場合、自分に合った方法を選択することがポイントになります。例えば、経済的・時間的な余裕があって、外国での集客効果を高めるべく、海外へのビジネス展開を行なうという明確なビジョンがある場合、完全ローカライズサイトのように、他の言語や国に特化したサイトを制作するのがおすすめの方法です。

ただし、せっかく多言語対応サイトを制作しても、現地のユーザーにアクセスしてもらえなければ、意味がありません。そのようなリスクを回避するためには、現地の代理店にサイト構成を依頼するなどして、現地におけるマーケティング手法に詳しい人の協力を得て、サイトを制作したり、ウェブを活用した集客活動の戦略を立てたりすることがポイントになります。

具体的な方法をご紹介

コンテンツマネジメントシステムを活用して、ウェブサイトを多言語対応のものとする場合、完全ローカライズサイトを制作するのも選択肢の一つです。こちらは、それぞれの言語にマッチしたコンテンツを想定し、言語・国ごとにローカライズしたサイトを制作するという方法になります。この方法では、日本語のサイトとは全く別のサイトを、最初から制作するというイメージで作業を進めることとなります。

先ほど登場した「ローカライズ」という言葉は、ある国を対象として作られた製品を、他の国でも使用することができるよう、他国の言語に対応させることを意味します。ローカライズは、ソフトウェアの表示内容を翻訳すること、特に、英語版のソフトを日本語化することを意味しますが、単なる言語の翻訳のみならず、言語の特性に見合った機能の追加が行なわれる場合もあります。

また、cmsを活用した多言語対応サイトの制作にあたっては、統一化されたミラーページを作成するという選択肢も存在します。こちらの方法では、日本語のコンテンツを、全て英語などの多言語に翻訳することとなります。具体的には、cmsのカスタマイズによって日本語版のページと対になるミラーページを用意します。

サイトの多言語化

この先、cms(コンテンツマネジメントシステム)を活用してウェブサイトを制作したいとお考えの方もおられるのではないでしょうか? そのような場面で、利用するシステムを選ぶ時には、搭載されている機能もチェックポイントになります。例えば、ウェブサイトを多言語化する機能が欲しいという人も多く見受けられます。

多言語化のイメージ
出典 <cms導入【vibit CMS Neo】

ウェブサイトの多言語化については、すでに構築してあるサイトを、多言語に対応したものにしたいというケースがとりわけ多く存在します。また、サイトをフルリニューアルするにあたって、cmsを活用して多言語化を行ないたいという人も、もちろん存在します。その他に、多言語に対応したcmsを導入しているので、サイトの更新・製作を専門の業者に依頼したいという事例もあります。

この先、多言語に対応したウェブサイトを制作するにあたっては、然るべきポイントを押さえた上で実際のアクションを起こすことが大切です。そのような場面では、サポートを受ける業者の選び方にも気を配りたいところです。中でも、事前のヒアリングによって、一人ひとりのクライアントの適性やニーズ、希望条件を引き出し、それらの条件に見合ったプランを提案してくれるところは、利用価値が高くなります。

cmsの機能について

cmsは、「コンテンツマネジメントシステム」という意味を表す英語の頭文字を取って省略した呼び方です。ウェブサイトの制作にあたって、cmsを活用する場合、システムに搭載されている機能にも気を配ることが大切です。中でも、サイトを多言語対応させる機能に魅力を感じるユーザーも、数多く目にします。これから多言語対応のサイトを制作するにあたっては、その方法もチェックポイントとなります。

例えば、完全ローカライズサイトは、各国の言語に合った内容を考え、その言語・国に合わせてローカライズを行なったサイトのことを意味します。こちらのサイト制作にあたっては、国内のサイトとは全く別物を一から作り上げるという感覚で作業を進めます。また、統一ミラーページを作成するのも一つの方法です。

こちらは、日本語版と同じコンテンツで、言語だけが異なるサイトを制作することとなります。そして、現サイトのダイジェスト版となるサイトを制作するという選択肢も存在します。こちらは、会社概要や主なサービス、連絡先など、必要最低限の内容を翻訳するという方法です。この先、cmsを活用してサイトを多言語化する場合は、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件にマッチした方法を選ぶことが大切です。

当カテゴリーでは、cmsに関するさまざまな情報をお届けしてまいります。コンテンツマネジメントシステムを活用して多言語対応のサイトを制作したいとお考えの方は、参考にしてみてください。